お知らせ

お知らせ

大腸がん闘病生活と寺田歯科医院2月12日(木)から再開のお知らせ [Dr.Makoto院長ブログ]

私事、寺田歯科医院院長 寺田誠は、平成26年12月17日(水)に行った二度目の胸・腹・骨盤部造影CT検査の結果、上行結腸部に54x49x54o大の腫瘤性病変が認められたため、今回、がん研有明病院に、1月16日(金)から入院、その日から絶食で点滴開始、1月19日(月)に腹腔鏡下で、7時間に及ぶ右半結腸切除術(右側上行結腸癌)を受け、大腸のほぼ半分の切除と共に、リンパ管、動脈など除去のリンパ郭清手術がされました。
術後直後から腹部にガスがかなり溜まってるため、さらに6日間の絶食が続きましたが、術後7日目から重湯が開始され、流動食、三分粥、五分粥を経て、全部粥5回食1/2を完食できるようになり、術後13日目には、1月16日(金)から続いていた点滴も漸く終了し、術後19日目の2月7日(土)10時に、退院することができ、23日間の入院闘病生活から無事に解放されました。1ヶ月余りは、食事制限(1日6食)があり、約72sあった体重が57.8sになってしまった体力の回復が大変そうです。
(入院前の下部内視鏡検査では、7コのポリープを除去、右側脇腹の上行結腸部に大腸をほとんど塞いでいる7センチ位の腫瘤が見られました。胃すなわち上部内視鏡検査は何度かおこなっていたのですが、定期的な下部内視鏡検査の必要性を実感した次第です。)

2月25日(水)の外来再診の定期検診時に、病理確定診断がされます。
癌の転移が見られる場合は、抗がん剤治療が必要になるようですが、順調に治癒されるのを願うばかりです。
経過が順調であれば、徐々に体重を増やして、3か月過ぎれば、通常の食生活環境に戻れるようですが、(お酒も含めて?)「腸閉塞」が起きないように(10年間はおこる可能性があるそうです)少なくても術後1か月間は食事制限(1日1,800カロリー6食)を守り、食事に十分注意しながら、ウオーキング等の運動をして体力の回復に努めたいと思っています。
また、退院したここ数日間は、無理をせず養生中心の生活をして、2月16日(月)から、通常通りに歯科診療を再開いたします。
なお、予定通り、2月12日(木)9時半からは、ブラッシング指導、歯石除去、応急処置の歯科診療、ホワイトニング、スマイルエステ等の施術をいたします。
ホワイトニング4周年特別キャンペーンついては、休院して大変ご迷惑をおかけしたので、2月末まで延長しますので、ご予約を心からお待ち申し上げております。

患者様の笑顔を輝かせるお手伝いをするクリスタルクールホワイトニング™ & スマイルスキンケアのメニューがある寺田歯科医院 / Terada Dental Light-SPA モバイル
【ご予約・お問い合わせ】はこちら≫≫ モバイル
TEL&Fax: 03-3984-6480
TEL: 03-3984-0648 (ホワイトニング専用ご予約電話) 診療休憩時間中はモバイルに転送されます!

update:2015年02月11日(水) by 管理者 at 22時16分   パーマリンク